ブログ

【静岡県】 子育て&防災 静岡県内8団体核、ネットワーク発足

県内の子育て支援団体が連携して災害に備える「しずおか子育て防災ネットワーク」が1日、発足した。中核組織は浜松市の認定NPO法人「はままつ子育てネットワークぴっぴ」、富士宮市のNPO法人「母力向上委員会」、静岡市のNPO法人「よしよし」など県内8団体。会員制交流サイト(SNS)を通じた情報網を構築し、災害が発生した際に子育て世帯を支援できるよう体制を整える。
 ニュース画像

ネットワークは各団体の関係者がLINE(ライン)やフェイスブック、ツイッターなどで団体間を横断した形で情報交換を進める。災害時にはこの情報網を活用して、被災地で必要な物資や支援の中身を迅速に把握し、現地の子育て世帯に支援の手が届くようにする。
 活動は平時から展開し、県内の市町や社会福祉協議会、企業と連携して物資の収集、供給ルートを整備する。防災人材の育成にも取り組む。
 

1日の発足式はビデオ会議システム「Zoom」を使って行い、参加団体の関係者が意見を交わした。「はままつ子育てネットワークぴっぴ」理事長の原田博子さんは「被災を免れた地域が被災地を助ける。そんな心強い仕組みを自分たちのネットワークを使って作っていきたい」と述べた。

はんくろうの一言

意外と早く静岡の記事が載ったので・・・

熊本の水災害の時コロナ禍、の影響で被災された町へボランティアが行けないことがありました

そういうとこも含め、強い仕組みを構築してもらいたいですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る