ブログ

【岩手県】 発達障害や不登校に寄り添う 盛岡で月1回無料相談会

盛岡市の社会福祉法人宇宙心(こすもこころ)会(石井義道理事長)は今月から毎月第2木曜日に、同市津志田西の児童発達支援事業所「にじっ子ハウス・七番地」で発達障害や不登校などに悩む保護者向けの相談会を無料で開いている。進路や子への接し方など多様な悩みに、岩手大大学院の教員が対応。保護者の不安や負担の軽減を狙い、子の成長を後押しする。

ニュース画像

 放課後等デイサービスなどを展開する同会では、子どもの悩みを抱く保護者が多い中、相談できる場の少なさに課題意識を抱き、相談会を企画。岩手大大学院の佐々木全准教授(特別支援教育学)が協力する。同法人が事務局を担う「親の会」もつくり、情報交換や息抜きの場も設ける。

 今月の相談会には保護者4人が参加。進学の不安や特別支援学級での学習などの悩みが挙がった。佐々木准教授は、子どもがきちんとできている生活習慣や行動に着目し、あえて言葉にして褒めることなど、個別のケースに具体的に助言。「発達は遅いかもしれないが、広い心でおおらかに子どもたちを見ていってほしい」と伝えた。

 小学校の特別支援学級に通う子を持つ母親は「ほかの保護者の対応や工夫を知ることができ、とてもためになった」と多くを得た様子だった。

 今後は10月8日、11月12日、12月10日の午後3時~同5時に開催。希望者の個別相談にも応じる。子ども連れも可能。

 申し込み、問い合わせは同所(019・601・8043)へ。

はんくろうの一言

子供たちの発育には、個人差がありますしゆとりを持つ親の環境改善を

親が変われば 子も変わる 大人の環境がかわれば 小人の環境も変わる

同時に取り組むことが大事だと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る