ブログ

【徳島県】 「孤立防ぐ」徳島県勤労者ネット、オンラインで19日から子育て相談 プレイベントには親子50人

徳島県勤労者福祉ネットワークが、インターネットで子育て相談や交流ができる「とくしまオンライン子育てひろば『あうん・じょ』」を19日から始める。新型コロナウイルスの影響でつながりの場が減る中、地域での孤立を防ぐ。10日にプレイベントがあり、約50人の親子が参加した。

ニュース画像

 ネットワークが運営する県内7カ所のファミリー・サポート・センターの職員らとビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」でつなぎ、週1回30分ほどの手遊びや歌、おしゃべりを楽しむ。月1回、専門家によるベビーマッサージやメークなどの講座が受けられるほか、子育ての悩みも相談できる。

 プレイベントには約50人の親子が参加した。阿南市羽ノ浦町春日野の松本由里子さん(37)による童謡のアコーディオン演奏に合わせ、手遊びを楽しんだ。4カ月の長女と参加した北島町北村の黒津若葉さん(31)は「3カ月前に県外から引っ越してきたばかり。コロナの影響で出掛けにくいので、たくさんのママとつながれて良かった」と話した。

 県の子育て世帯つながり支援事業の一環。妊娠中や就学前までの子どもがいる女性が対象で、あうん・じょのウェブサイトから申し込む。参加無料。

 問い合わせはあうん・じょ<電088(611)2313>。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る