ブログ

【愛媛県】 児童虐待 連携して防止を 愛媛県警など対応想定し訓練

11月の児童虐待防止推進月間に合わせて松前町西古泉の愛媛県警察学校で11日、児童虐待事案の対応訓練があった。県警や県福祉総合支援センターの関係者ら約30人が危険な状況下にある子どもを救うために、連携強化と対応力向上を図った。

ニュース画像
 センターによると、児童虐待が社会問題として認識されるなどし、全国的に相談・対応件数は増加傾向という。県内の児童相談所や市町の2019年度の相談対応件数(重複含む)は2046件で、18年度比で254件増加。新型コロナウイルスの影響などで在宅時間が増え、虐待が潜在化している恐れもある。
 訓練は小学3年生の女子児童が義父から暴力などの虐待を受けている恐れがあるという通報を受け、センター職員と警察官が臨場する想定で実施した。
 センターの西崎健志所長は「地域と家庭のつながりが希薄化し、家庭ごとの実態が分かりづらくなっている。警察との連携を密にして子どもの安全を第一に対応したい」と話した。

 

はんくろうの一言

虐待の問題はすごく難しくて、いかに外部との連携を維持できるかですね

シャットアウトされると非常に厳しくなる

子供たちがSOSを発信できる環境を作りたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る