ブログ

【岩手県】 転倒、即SOS 岩手・八幡平の企業が高齢者見守りアプリ開発

岩手県八幡平市のソフトウエア企業「APTECH(エーピーテック)」が、高齢者見守りサービス「Hachi(ハチ)」の提供を開始した。腕時計型端末「アップルウオッチ」に専用アプリをインストールすると、転倒時すぐに家族へSOSが発信される。医療施設と連携し24時間365日、高齢者の体調の変化を見守る。
高齢者の心拍数、歩数、位置情報を10分ごとに計測し、家族が持つスマートフォンと高齢者が利用する医療機関や介護施設の端末にデータを送信する。近距離無線通信「ブルートゥース」の機能を持つ医療機器を利用することで、血糖値や血圧も集計できる。
 転倒時には時計の画面に5秒間触れるか腕を振ると、アプリに登録された家族全員に電話をかけられる。心拍数の急上昇などの体調変化でも家族と施設にSOSが発信される。

アプリを導入する施設側の利点も多い。利用者から集めたデータを一覧で確認できるため、管理に必要な作業の効率化や人件費の削減につながる。遠隔診療やデータ比較による病気の予見にも活用できるという。
ハチは大西一朗社長(60)の経験を基に開発された。2015年8月、脳梗塞で倒れた大西さんはリハビリに長い時間を要した。17年に再発したが、事前に体調の変化を感じ取り、早期治療をしたため短期間の療養で済んだ。「体調の変化が数値で分かれば病気も予見できる」と気付いた。
 18年には盛岡市に住む父(88)が自宅の脱衣所で転倒。同居の母(85)は不在で、約3時間起き上がれなかった。「すぐに助けが呼べたら」と思い、アプリの開発を決めたという。
 ハチは既に山口県の医療機関などで導入されている。今後は岩手、東京の医療機関や介護施設への導入を働き掛ける。
 年内には高齢者と家族だけで利用できるサービスも提供する予定。大西さんは「アプリを普及させてデータを蓄積し、三大疾病の原因解明に役立てたい」と意気込む。

 

はんくろうの一言

児童、高齢者や介護の必要な方の、色々なものが開発されてます。とても良いですね

3大疾病を抱えていてる方は、数値で診断されてますもんね 

それが、すぐわかるのは非常にありがたいですね。

この様な案件は、必要性を感じる病院などが積極的に導入できるように国が動いてほしいなぁ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る