ブログ

特別編 8・12連絡会 1985年8月12日、18時56分頃

1985年(昭和60年)のこの日、日航機123便が群馬県の御巣鷹山(おすたかやま)に墜落し、520人の犠牲者を出した。生存者は4人だった。

遺族らがつくる「8・12連絡会」が編集したメッセージ集のタイトルから「茜雲忌」(あかねぐもき)とも呼ばれる。

日本航空123便は、8月12日18時12分に東京国際空港(羽田空港)を離陸、大阪国際空港(伊丹空港)に向かう途中であった。離陸12分後に相模湾上空で操縦不能になり、同56分に群馬県上野村の山中(通称:御巣鷹の尾根)に墜落した。

夕方のラッシュ時とお盆の帰省ラッシュが重なったことなどにより、著名人を含む多くの犠牲者を出し、社会全体に大きな衝撃を与えた。

1987年(昭和62年)に国の航空事故調査委員会は、機体後部の圧力隔壁の亀裂が広がって破損し、一気に噴き出した客室内の空気が尾翼などを吹き飛ばしたとする調査報告書を公表した。

この「日本航空123便墜落事故」は「日航機墜落事故」や「日航ジャンボ機墜落事故」とも呼ばれる。死者数520人は日本国内で発生した航空機事故では2020年(令和2年)8月時点で最多であり、単独機の航空事故において世界最多である。

 

はんくろうの一言

お盆のこの時期になると思い出す事故ですね

テレビにヘリコプターで救出される映像がいまだに思い浮かびます

520名の方が亡くなられるという大変大きな事故でした。

なぜか毎年、YouTube動画や映画を見てます。

あれから35年経つんですね

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る