ブログ

【長崎県】 児童ら「ボッチャ」体験 障害者スポーツで福祉の精神学ぶ

障害者スポーツを通し福祉への理解を深めてもらおうと、島原市社会福祉協議会(小川学会長)がこのほど、同市霊南1丁目の市福祉センターで子どもボランティア教室を開いた。

ニュース画像

市内の小学6年生10人がパラリンピック正式種目「ボッチャ」を体験。プレーを楽しむ中で、福祉の精神を学んだ。
 障害の疑似体験や、体が不自由な人と交流する機会を設け、ボランティア活動への理解や関心を高めようと1989年から実施している。
 ボッチャは四肢に障害がある人らのために欧州で考案。ペタンクやカーリングなどを合わせたような競技で、赤と青の2チームに分かれ、目標の白球に向かって手持ちのボールを投げたり、転がしたりして、目標に近いボールの数を競う。
 児童らは2人1組で対戦。1人は車いすに乗り、もう1人は手首や肘、膝を固定するサポーターを着けて体の動きを制限し、障害者の身体状況を体感しながらボールを投げ合った。市立第五小の神崎直太郎君(11)は「思ったようにボールが投げられず、難しかった」と話した。

はんくろうの一言

去年、事業所のメンバーも浜松で体験させていただきました。

みんな必死にになってやつてました。

障害に疑似体験できるのはいいですね

実際に車いすに乗ってみてわかることとかいっぱいありますもんね

経験すると、必要な支援もわかります。役に立ちますね

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る