ブログ

【栃木県】 住民有志が常設建物で子ども食堂 宇都宮・明保地区「キッチンもぐもぐ」

【宇都宮】明保地区の住民有志が、鶴田町に「こども食堂キッチンもぐもぐ」をオープンし、子どもの居場所づくりに取り組んでいる。1級建築士丸山明美(まるやまあけみ)さん(70)=同所=と、無職小倉徹也(おぐらてつや)さん(74)=同=が発起人となり、丸山さんの設計事務所倉庫を改装して活動の場としている。

常設の建物を構える子ども食堂は、市内で珍しいという。
 ニュース画像

同食堂は、毎週水曜に実施。丸山さんと小倉さんが、地域のボランティアスタッフ8人と料理を作ったり、子どもと遊んだりする。屋外で検温をしたり消毒をしたりなど、新型コロナウイルス感染防止対策を取りながら活動している。
 

2人は、子どもたちが一緒に食事して交流する場をつくりたいと、長年考えていた。明保地区明るいまちづくり協議会(島田弘二(しまだひろじ)会長)からも要望があり、昨年6月から準備を進めてきた。施設の設計、内装デザインは、丸山さんが手掛けた。
 

この日は、家族連れなど30人以上が訪れ、手作りの食事を楽しんだ。メニューは豚肉の生姜(しょうが)焼き。明保小6年の有路怜央(ありじれお)君(11)と4年西原壮雄(にしはらそう)君(10)は「ご飯を3杯お代わりした。みんなで食べると楽しいし、また来たい」と笑顔を見せた。
 

スタッフ以外にも、学生ボランティアや地域住民が手伝いに来ることがあるという。丸山さんは「子どもをみんなで見守り、地域の輪が広がるような場にしていきたい」と話している。
 午後5時半~7時半。未就学児無料、小中学生200円、保護者400円。予約はホームページで受け付けている。(問)キッチンもぐもぐ028・612・2185。

 

はんくろうの一言

今、食事がとれない人たちが増えてます、コロナ失業、収入減が生活にダメージを与えてます。

現実が厳しくても、生きていくため、食べていくための行動ができているか?

みんな今一度考えるべきだと思います。

子供たちを守る行動をかんがえなきゃね

はんくろうもそろそろ行動しなきゃね

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る